@cao_lifeさんの「キノコとプチトマトのピラフ」

秋も深まり、東京でもちらほらと紅葉した木々を見かけるようになりました。
朝晩の冷え込みも、さすが11月だけあって本格的になってきましたね。

今月は、クリステルの新製品「ウルトラルフライパン」ひとつで作る手軽な野菜料理、「ワンパンVEGE」の特集です。料理を作る工程であれこれ鍋を使うのも、片付けるときには結構負担になるもの。作るときも、後片付けも気軽、手軽なワンパン料理は、忙しい毎日にきっと貢献してくれますよ!

今日は、@cao_lifeさんの「キノコとプチトマトのピラフ」。
秋の味覚、エリンギと舞茸がたっぷり入るので、きのこの旨味を堪能できるピラフです。作り方も簡単なので、週末のブランチなどに楽しんでいただくのは如何でしょう?
炊飯に使っていただくのは「ウルトラルフライパン」ですが、ノンスティック加工で焦げ付きを防げるので、後始末もラクラクですよ。

ーーーーーーーー

キノコとプチトマトのピラフ

◆材料(3人分)
米:2合
水:320ml
玉ねぎ:1/2個
エリンギ:1パック
舞茸:1パック
ミニトマト:1パック
バター:30g

<A>
白ワイン:大さじ1
塩:小さじ1/2
しょうゆ:小さじ2/3
フレスコバルディ・ラウデミオ:小さじ1

黒胡椒:適量
イタリアンパセリ:適宜
レモン:適宜

◆作り方
①米を研いで水を切っておく。
②玉ねぎはみじん切り、エリンギは縦半分に切って1cm幅に、舞茸は横半分に切って小房に分ける。ミニトマトのヘタを外す。
③ウルトラルフライパンを火にかけ、バターを入れて玉ねぎを炒める。エリンギ、舞茸、米を加えて更に炒める。
④水とAの調味料を加えてかるく混ぜ、ミニトマトを並べる。
⑤強火にして煮立ったらフタをして弱火で12分加熱する。フタを開けて表面の水分がほぼなくなりパチパチという音がしていたら、フタをして強火で1分ほど加熱し、火を止めてそのまま10分蒸らす(表面に水分が多くあるようなら、加熱時間を延ばす)。
⑥黒胡椒を挽き、全体をさっくりと混ぜて器に盛る。あればイタリアンパセリと、くし形に切ったレモンを添える。できあがり。

【作り方のコツ・ポイント】
キノコの美味しさとミニトマトの酸味が美味しい、シンプルな優しい味のピラフです。ウルトラルフライパンは、焦げつきにくいので炊飯にもピッタリ!

【フレスコバルディ・ラウデミオを使うと・・・?】
炊飯時にラウデミオを加えることで、時間を置いてもしっとりとした食感が保てます。

ーーーーーーーー

●バーミックス、フレスコバルディ・ラウデミオ、クリステルについて、詳しい情報はこちらをどうぞ!
チェリーテラスオフィシャルHP

●バーミックスもフレスコバルディ・ラウデミオもクリステルも、こちらからお求めになれます。
チェリーテラスのオンラインショップ
楽天のチェリーテラス公式ショップ